2008年04月20日

独身証明書

国際結婚には独身証明書が必要です。
正式には婚姻要件具備証明書と言います。
最初何の事?と思いました。
結婚するのに独身であるのは当然ではないの?
なぜ、証明書がいるの?
いろいろ疑問がありましたが、
疑問をもっていても始まりません。


日本から戸籍謄本を送ってもらい、
それから広州の領事館に行き、
独身証明書を作ってもらいました。


これは日本の国が発行する書類で日本語の書類でしたので、
中国語に翻訳しました。
翻訳は簡単だったので会社の人に翻訳してもらいました。

当人は独身であることを証明するなんて簡単な文章でした。

このときにはじめて、広州の日本領事館に行ったのですが、
今後、何回も行くようになりました。

海外に住んでいて日本大使館や領事館に行く事があれば、
日本人の担当者の方に挨拶をしていた方がいいです。

通常窓口は現地のスタッフが対応してくれますが、
現地スタッフは決められた事しかやってくれません。

日本人の担当の方は決められた事以外でも、いろいろやってくれます。
この後、別の用件で相談した時に
『我々領事館のスタッフが困った日本人を助けるのが仕事ですから』
と言ってくれました。

領事館に行ったら、××の用事で来ました、
日本人の担当者の方お願いしますと言って、
挨拶をしていたらいいと思います。

なにか分からないことができて、電話で聞くときも
一回挨拶しておくと便利で、話が早いです。

また、私は日本に急遽帰国することになり、妻のビザの件で相談に行きましたが
そのときもいろいろ相談に乗ってくれました。

ぜひ、海外で生活する人や、国際結婚する方は現地の領事館の
人と知り合いになっていたほうがいいと思います。
posted by モリヤ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。